| HOME | BUBBA&サイコロキャラメル いんく先生 メイキング |

更新日 2017-03-02 | 作成日 2007-11-11

solidartrogo.jpg

inktop.jpg

BUBBA &サイコロキャラメル いんく先生

inkkarigumi.jpg
BUBBA氏のキットは、ダボがしっかりして芯の穴開けガイドが一つずつ付いています。おかげでとても仮組みは早くできます。
パーツが多く色分けが細々したキットですが、状態がいいので塗装に重点を置きたいと思います。

inkpate.jpg
接合面はだいたい真っ平らではなく差し込みになっているのでスキマの目立たない作りです。
が、やはりスキマは見つけて脇や手と足の間などパテをムニュッとやっておきます。

inkberutotyousei.jpg
説明書にもありますが、ベルトの長さが長くて盾にめり込んでいるはずの剣が浮いてます。ベルトは削って微調整が必要ですね。
だいたい削っておいて、本組みの時にもペーパーで削ることにしましょうか。

inksafumigaki.jpg
早々にサフ吹いて磨き。
塗装に入ればいつもは早いんですが、今回は長くなりそう

inkhadanutta.jpg
お肌はちょっと白めに。
ヘビパンツで隠れるおしりが、やけに凝ってますww

inksiroparunutta.jpg
ホワイトグレーは、オーバーコートに一番粒子の細かいパールを使用。パールは半光沢でやや厚めに。

inkgurenutta.jpg
マスキングして、グレーも半光沢で。

inkasifuwafuwa.jpg
更にマスキング、靴と足の間のクッションをブルーグレーで塗ります。

inkasinutta.jpg
更に、ラインや靴の飾りを形容しがたい色で。w
シルバー系をコートしているので、パールとはまた違った輝き。
皮を押さえている金属部分も塗装。

inkkataategin.jpg
肩当ては、皮部分をマスキングしてシルバーで。
皮部分は凹凸激しいのでゾルでコート。

inkkatana.jpg
剣は黒地にシルバー、リキテで波紋を描き、刃の部分をシルバーで筆塗り。ブラシでやるかと思いましたが、剣の形状がいびつなので無理せず筆で。ドラゴン部分は、リキテでウオッシング。

inktatetosou.jpginktatehanotosou.jpg
盾は、裏の布部分をグレーで塗りマスキング。シルバーを塗ったあと顔以外にグレーを薄く吹きつけ。スーパークリアーを吹いて乾燥。
目の細かいペーパーで、部分的に下のシルバーが見えるくらいに研ぎ。顔部分はリキテでウオッシング。再度クリアーでコート。
再度部分的にツヤを落とす目的で軽くペーパーかけてます。

inkkaonutta.jpg
目はブラシでやらず、あえていつものリキテで。
筆で筆あとを残しながら、上からどんどん色を重ねる手法。
クリアーをかけると、とてもいい色になります。クリアーは、継ぎ目消しがあるのでヘッドを完成後に。

inkkamiaonutta.jpg
髪は空色でグラデーション。継ぎ目消しのあと、パープルはかけます。

inkkawanuri.jpg
皮部分は、リキテでウオッシング。その後ツヤありクリアー。
ツヤありの方が、ヘビ皮らしいかな。

inkatamatugimekesi.jpg
ヘッドの継ぎ目を消します。前髪2パーツと、前後の間ですね。
その後パープルを横一線にグラデ。

inkhebikiba.jpg
今回、ヘビはプライマーとクリアーだけで塗ってません。
繊細な鱗の彫刻が、キャストの透明感とあっています。
それと、ヘビパンツを接着しない予定だからです。
クイーンズブレイド系の楽しみは、キャストオフ。
しかしパンツのヘビはパチンとハマルので、はずすのがちょっと難しそうです。
その辺は購入された方の勇気と根性にお任せ。ww
写真は首のヘビです。
牙をつけました。

inkburatugime1.jpg
ブラジャーを着け、肩と脇の継ぎ目消し。
あと少し。がんばるぞ〜〜〜うう・・

inkkaodekita.jpg
目にクリアーコートしました。
あとは、組んだあとで涙を一滴置くのを忘れないようにしなくては……