| HOME | ムサシヤ 水銀燈 メイキング |

更新日 2017-06-20 | 作成日 2007-11-11

solidartrogo.jpg

ムサシヤ 水銀燈

ginkarigumi.jpg
パーツは15、合いはいいですが表面が激しく荒れてます。
ペーパー掛けが大変そうです。

ginhedopatu.jpgginribonkiri.jpg
ヘッドドレスのリボンはヘッドパーツについて左右に分かれてます。
切り離して、一つのパーツにします。

ginhedodoresusukima.jpgginheddoresupate.jpg
フリルが頭にモールドとしてあるので、パテでフリルとの間にスキマがないようにします。

ginfuriruhori.jpg
ブーツのフリルは、内側を彫っておきます。

ginmimiue.jpg
リボンを切り出したあと、髪の前後の分割部分が不自然なので鉛筆の線へ変更します。

ginsukima.jpg
首とそでにスキマがあるので、ボディ側をリューターで整え、パテで再形成します。

ginsodekiri.jpg
手の平が腕と一体になって、そで口に埋もれている状態なので、スッキリさせるために切り出し別パーツにします。
ガイド穴を開けて、そで口から7mm位のところで切り、手を切り出し、そでを付けて中をリューターで深く彫ります。
その後、手首をパテで作ります。

jyuji.jpgginjyujihotta.jpg
逆十字のモールドが、1のように小さいです。2のように大きくご希望ですので、大きく下書きしてモールドを彫りました。(右)

ginhedohana.jpgkutubara.jpg
キットにあるモールドの花がちょっと寂しいので、パテで製作して取り付けるようにします。5mmほどの大きさに花を作るのは、初めてだったので非常に難しかったです。

ginribonkiridasi.jpg
上腕部にリボンがあるはずなのですが、付いていないので自作します。キャスト板にリボンを彫って、切り出しました。

ginskatsaf.jpg
スカートの表面は、まるで粘土そのままです。
何度も何度もペーパーをかけました。
このスカートは膨らみの中にキャストが詰まっているので凄く重いです。掘り出すのは無理そうなので、諦めました。

ginasinaname.jpg
スカートが重いので、小さなベースの底を削って片足立ちの足を真っ直ぐにしておきます。

ginhadanutta.jpg
まず肌色を塗りました。

kami.jpg
髪は銀髪に。服をブルー系にするので、ブルーグレーでグラデーションを入れました。

ginbaranutta.jpg
花は紫系に。1色で塗った(右側)らメリハリ付かなかったので、少し赤みを花ビラの先に入れています。(左側)

ginkuro.jpg
黒い部分は黒に近い紺で。下に銀を吹いたので、光が当たると輝きが出ます。スカートは大きいパーツのために色むらが見られたので、再度塗り直しました。大きいパーツの時は、ブラシのストロークを大きくしなければなりません。

ginsiro.jpg
白は薄い紫とブルーをシャドウに入れました。

ginhane.jpg
羽根はボークスの銀様と同じように、本物を使います。
やや大きめに作りました。

ginresu.jpg
フチのループレースは、筆塗りで仕上げました。
細かい作業は、なかなか疲れます。

ginkao.jpg
顔は瞳をピンクでと依頼ですので、可愛らしい感じになりました。