| HOME | ボークス 1/8 ウルド メイキング |

更新日 2017-09-03 | 作成日 2007-11-11

solidartrogo.jpg

inktop.jpg

ボークス ああっ女神さまっ 1/8 ウルド

urdhako.jpgurukarigumi.jpg
女神様のウルドです。初めてお店で買ったキットなので、なんか嬉しい。少し古い物ですが、造形はなかなか綺麗です。

uruerihori.jpg
襟の裏側がきれいに埋まっています。ノミとナイフで襟を薄く彫りだしていきます。

uruerihori2.jpg
肌と襟の境界を、彫ってリアルに仕上げます。服は着ている感じに仕上げます。

uruudehori.jpg
腕輪は腕との間が埋まって一体化しているので、間を彫って腕輪を掘り出します。大きく開いたスキマには、細い腕輪らしく内側に一本筋を通しておきます。服や指もモールドを彫り彫り

urukutuhori.jpg
ブーツの折り返しも裏を彫ります。布を薄くして、足との間も彫っておきます。

uruharakazari.jpg
お腹の飾りはモールドなので、先の房を掘り出しヒモは真鍮線を使います。0,3mmじゃ細いかな〜

urueriusirohori.jpg
恐らく強度を出す為でしょう、羽根のように広がるスカーフと襟の一部が一体成形してありますが、襟が今ひとつきれいに出来ないのでいっそ別パーツに分けます。
スカーフは位置によっては大きな真鍮線も通せるので、強度的には大丈夫。

urusukafu.jpg
スカーフの出をパテで再成形します。
襟とスカーフがキレイになります、やっぱり分けて良かったです。

uruiyaring.jpg
イヤリングが顔に張り付いているので、これは別パーツにしたいです。ミリ単位のパーツなので、ちょっと腰が引けるのですが仕方ない。人間のミニチュア作ってるようなモンですからねえw

urumaegami.jpg
前髪は左右2パーツに分かれ、隙間が大きいので1パーツにします。
後ろ髪との隙間も埋めます。

urusukatotugi.jpg
分割していたスカートは、塗装前に取り付けておきます。
いつものように、サフを吹いてペーパーで削り落とし磨いていきます。

uruhadanuri.jpg
ようやく下地が出来たので、肌を塗ります。
ウルドさんは小麦色の肌なので、こんがりと。

urusukatonuri.jpg
服のブルーは、空色の濃い感じで。
ウエーブがきれいなので、グラデーションはつけやすいです。
ウルドの服は、裏側に何色が来るかとか気にしていないと、うっかり塗り忘れそうな感じ。

urukoniro.jpg
濃い色の部分は、黒っぽかったり茶色だったり人それぞれ解釈ありそうなので、紺色に塗りました。ブルーで統一した方がまとまるかな。

uruskaf.jpg
スカーフは、少しパープルっぽく。ちょっとグラデを強めに

urubody.jpguruudehannpa.jpg
ラインや腕輪を金色に。袖は返しの部分を塗り忘れちゃってがっかり。ww
指輪も塗り忘れてますね〜細かいところって忘れるんだよなあ。
でも、苦労してマスキングしたのに〜アフォやなー

urukaminutta.jpg
髪は白と言うより銀髪かな?
薄いブルーでグラデ、銀を使って独特の輝きが出るように数色重ねます。

urukaonutta.jpg
顔は、なかなか資料があるようでなかったりして、困っちゃいました。びっくり顔とかで普通の顔がない〜
付属の資料は見にくいのですが、何とか塗りました。

urumimituketa.jpg
イヤリングは別パーツにしていたので、0.3の真鍮線で取り付けました。やっぱり顔に張り付いてるより、らしいですよね。

urukazarituketa.jpg
フサも別パーツにしたので、同じく真鍮線で。